RSS | ATOM | SEARCH
一日一生
評価:
天台宗大阿闍梨 酒井 雄哉
朝日新聞出版
¥ 735
(2008-10-10)

一日一生って本です。
ベストセラーになったんかな?

新品では買う気はしなかったけど、中古であったので買ってみました。


以下、簡単に抜粋。

「今日の自分は今日でおしまい。明日はまた新しい自分が生まれてくる」
一日が一生だ。 
つまり、今自分がやってることを一生懸命、忠実にやることが一番いい。と。

「会社のために仕事をするんじゃなくて、自分の人生として、こういうふうに
やるべきだと考えて、やればいい」

「どんなにひどい目にあっても、時間がたてば必ず、いろいろなことが
あったなぁと思えるときがくる。だから焦ることも自分はだめだと
思うこともない。人生はそのときだけじゃないんだ」


住職らしい言葉の数々でした。
こういう人の本を読むのも勉強になるなぁ♪
author:monchi, category:本のレビュー, 20:48
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:48
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://yoooooooooshi.jugem.jp/trackback/27