RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
思考は現実化する〜第17章〜
思考は現実化する〜第17章〜

【第17章】悲しみを通して魂にいたれ

悲しみは人間を謙虚にさせ、協調的な人間関係をつくる。
悲しみが与えられさえすれば、利己的な態度や傲慢、虚栄や自己愛が取り除かれるが、これも自然の企図した心身の鍛練である。悲しみも失敗と同じように、恩恵になるか災いになるかは自分の反応次第なのである。

悲しみとは、謙虚な人にも高慢な人にも、等しくざんげの時間である。

悲しみという感情は、それを体験する人の魂を高め、混迷の世の試練と苦難に立ち向かう勇気と信念を授けてくれる。悲しむという脳力は、それだけで、その人の精神的資質の深さを示している。
author:monchi, category:本のレビュー, 07:01
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 07:01
-, -, - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。